株式戦線異状無し!

アクセスカウンタ

zoom RSS 価値観について。籠城戦流あるある 2017・6・17

<<   作成日時 : 2017/06/17 02:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像
画像



価値観について。籠城戦流あるある 2017・6・17

俺は、人間の行動は、全て、その人間の価値観から生じていると考えている。

従って、他人には理解できなくても、本人が満足なら、それで、OKと言うのが、俺の本質的な価値観である。

ただし、当然のことだが、自分の満足のために、他人を犠牲にするのはNGであり。また、それをわがままと言うのであって、俺が最も忌みするところだ。

例えば、この背負子。アマゾンで6000円で買ったらしい。普通におかしいやろ。

もの好きとしかいいようがない。俺の年代でも、実物の背負子(しょいこ)とか、生で見るのこれが、初めてかも知れない。

普通。背負子の読み方も知らない人間が圧倒的だと思う。

で、誰よ?その、買ったやつと言う話になるが、これが俺の妹の婿。

この婿。俺より、一つ年上なのだが、けっこう変わってる。出は、萩の士族で、百姓経験無しの家系で、400年近く、暮らし、本人も全くのリーマン。

なのに、畑作業とかが好きで、自分の庭の植木を全部抜いて、今は、ミニ菜園を作り、喜んでいる。

そういう所は、ある意味、長州下級士族の血のなせる技とも言える。

で、話しは戻るのだが、毎年、この時期、俺の家の真竹林で、タケノコを採るのが、慣例になっている。

その、真竹のタケノコ入れとして、買ったみたいだ。

真竹のタケノコは、直販所に行けば、5・6本入った袋が、150円程度で売ってるから、コスパで、考えれば、6000円分償却するためには、間違いなく10年はかかる。

しかし、これを趣味として、捉えれば、全く違った風景が見えてくる。

およそ、この世で、ただの趣味はあり得ない。

そういう風に考えると、この背負子。趣味としては、格安と言うことになる。

本人は、この背負子を担いで山に登り、タケノコを取って入れる。その、風情に満足してるのだから、

ある意味。コスプレとも言える。

コスプレなら、単なる消費で終わるが、背負子は、これから、10年。タケノコ取りに役に立つ、先行投資で有り、設備投資と考えることも出来る。

楽しみながら、10年で減価償却できるとあれば、ほぼ無償の趣味活動だから、非常に安い趣味となる。

毛利の下級士族は、もともと、中国山地の地侍の出が多い。

背負子を担いで、山に嬉々として入るのも、自らのDNAのなせる技なのかも知れない。

とすると、一人、山で、祖先の遺風をもの思いしながら、タケノコを取っているとすれば、実利と同時に祖霊を偲ぶ行となり、本人にとっては、最高の精神的安らぎなのかも知れない。

この背負子。6000円。高いとみるか。安いとみるか。

人、それぞれの価値観がある。

ただ、自分の確かな価値観を持ち、それを充足させている人間は、基本。他人を妬んだり、そねんだりしない。

人間の中で、何が見苦しいといって、ねたみ・そねみで、世の中を見る人間ほど、それな者はない。

類は友を呼ぶと言うのか。俺の家族全員、基本俺に似てる。だから、相方も似た人間を選ぶのだろう。

似た山の集まりになる。

妹の婿殿。この日も賑やかに、しゃべり、食らい、タケノコ・梅・ドクダミを調達して、ご満悦だった。

笑い声があること、それが、一番の幸福だろうと俺は思う。

背負子。6000円。それで、10年。楽しめるなら、年600円。下手な映画を見るより安い趣味かも知れない。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

価値観について。籠城戦流あるある 2017・6・17 株式戦線異状無し!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる